初心者の方はスイングを覚える前にまず重心角について知っておきましょう

初心者の方こそクラブの重心角に忠実に従って打つことをお奨めします。

いきなり何のことをいっているかわからないと思いますので、詳しく説明していきます。

テーブルの上にクラブをヘッドだけはみ出るように置いたときに、リーディングエッジ(ソールとフェースのつなぎ目のとがった部分)は垂直ではなく斜めになります。このリーディングエッジの斜度を重心角といいます。このようにクラブを置いたときにはシャフト軸の真下にクラブの重心がぶら下がった状態になっています。

このような構造のクラブを強く振る場合、スピードが乗った状態でシャフト軸がヘッドの重心を引っ張っているとシャフトがねじれずヘッドの向きが、安定します。

インパクトではスイング中最もスピードが乗っていますから、ヘッドにかかる遠心力が最大になります。その瞬間は重心角分フェースが左を向く状態になります。

こうした理由からクラブを速く振れるようになると左へ飛びやすくなります。その分だけグリップエンドをヘッドより先行させることで自動的にフェースがスクエアになる打ち方が理想的です。

そのための打ち方はについては別の機会に。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を随時募集しています。

【体験レッスンご予約】お問合せフォームから
お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。