初心者は打ち方について勘違いをしやすいので注意しましょう

昔はゴルフを学ぼうと思った場合に有ったツールは本、雑誌、ゴルフ番組、ビデオなどでした。現在はというとネット検索、you tube などの動画で学ぶことができます。

そこでの情報は初心者にとってとても勘違いしやすい情報や自分にとっては有害な情報も多く、そうした勘違いが上達に大きくブレーキをかけてしまうケースが多いので注意しましょう。

初心者のときに一番多く出会うのがボールをよく見ろ、頭を動かすな、顔を動かすな、ボールをよく見ろといったアドバイスではないでしょうか?これを忠実に守り過ぎて弊害となることがあります。
これらのアドバイスはスイング軸の位置を保てという意味合いです。
地面の上のボールを打つためにアドレスでは上半身が前傾します。この前傾した軸を保って体が回転するように打ちましょうということです。それは腰と頭が前後左右にずれないようにすることで、頭だけが止まっていても腰の位置が前後左右にずれると軸が動きミスショットにつながります。また、ボールを見続けようとするあまりボールのあった位置を見続けようとした結果体の回転を阻害してしまいミスショットにつながるケースも多くあります。

勘違いで遠回りをしてしまうことはとてももったいないので、こうしたいろいろなアドバイスを一旦整理して、一番言いたいことは何かを自分なりに理解したうえで練習をする習慣を初めのうちに習慣づけてほしいと思います。

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を随時募集しています。

【体験レッスンご予約】お問合せフォームから
お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。