初心者の最初の練習の注意点

初心者の練習では初めのうちに短いアプローチを徹底して行うことが重要だという記事を上げました。具体的にはどのように打てばいいでしょうか?

両肩を結んだ線と左右の腕でできる三角形の形を変えずにボールを打つことを一番初めに覚えましょう。手首や右肘が曲がったり伸びたりしないようにする体の動かし方を覚えましょう。

遠くに打つことは目的ではないので、スピードもゆっくりでかまいません。打っているところを動画撮影しながら、ヘッドが腰の高さを超えない程度の振り幅で三角形の形が変わらないようにしてボールを実際に打ってみてください。このときの距離は5~10ヤードくらいでも十分ですので、確実にフェースでボールを打つことが目的で、できればその方向もできるだけ一定するようにしてください。

そのためには構えたときに脇を締め、手首の関節をロックしておくことが不可欠です。

どんどん振りを大きくして飛距離を伸ばしたいところですが、ボールを正確にとらえることができるまで我慢して継続して欲しいと思います。

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はお問合せフォームから

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。