対角線

OBは、スコアメイクの大敵です。池などのペナルティと違って、前進出来ずに、打ち直し、さらに1打罰が課せられますので、1発のOBが出たら、上がったスコア+2打となります。

 

OBイーグルでパー、OBバーディでボギー、OBパーでダボ、OBボギーでトリ、OBダボでダブルパー(ミドルホールの場合)になってしまうので、普段、かなりの確率でパーが取れる人でなければ、トリプルボギー以上のスコアになってしまうでしょう。

 

コース・マネジメントの基本は、まずOBを避ける事と言って良いでしょう。OBを避ける為には、球を確実に一定方向に曲げるか、打ち出し方向で避けるかという事になるのですが、昨今のドライバーの進化のおかげ?で球を昔ほど大きく曲げる事が難しくなってしまったように感じます。

 

という事で、打ち出しの方向で、OBを避ける事が出来るように考えて見ましょう。そこで役に立つのが対角線を利用する事です。

 

例をあげて考えてみます。ミドルホールで、右側はOBゾーンです。この場合のOB回避の有効な対角線は、ティグラウンドの右端にティアップして、左のラフやフェアウェーを狙う事です。これに対してOBに行きやすくなる、危険な対角線は、ティグラウンドの左端にティアップして、右のラフやフェアウェーを狙う事です。ということは、対角線を使ってOBや池を避けるには、ペナルティのある側にティアップをする事と覚えておくと良いと思います。

 

練習場を利用する時も、気持ち良く打てるからなどの理由で、真ん中付近の打席ばがりを選ぶ方がいますが、OBを避ける為の練習で、対角線に打つには、端っこの打席が適しています。左端の打席から、ネットの右隅を狙って打てば、左のOBを避けられるようになるでしょう。右端の打席から、ネットの左隅を狙って打てば、右のOBを避けられるようになるでしょう。

 

ベストスコアが出そうになったラウンドで、あの不用意なOBが無かったら。。と悔しい思いをしない為に、普段の練習から実践に役立つ事をしてみると良いのではないかと思います。