カップインの定義

アプローチショットをして、ボールが旗竿とホールの縁の間に挟まる事があります。

その状況でチップインしたと勘違いしてボールを拾いあげてしまう方が稀にいらっしゃいますが、正式な競技ではホールアウトの不履行により失格になる恐れがありますので気を付けてください。

ルールブックによるホールアウトの定義は、「ホールの円周内に止まり、球全体がホールの縁のグリーン面よりも下にあるとき」にホールアウトと認められます。

挟まったボールの一部分でも、カップの縁のグリーン面よりも上に出ていた場合には、旗竿を動かしてボールをカップの底に落としましょう。その際には最大限の注意が必要です。万が一ボールをカップの底に落とし損ねて、飛び出してしまったらカップインは認められず、ボールの止まった場所から次打を打つ事になります。

焦らずに確実にボールをカップの底に沈め、次のホールに向かいましょう。