上級者はアイアンのオーバーホールをしてみることをお薦めします

アイアンのカタログやスペック表にはロフト、ライ角、バランスの3点の記載があるはずです。

アイアンヘッドの個体は完全にすべてが同じではなく、各項目は少しずつの個体差もあります。

中でもヘッドの重量やシャフトの個体差でバランスのばらつきは結構あります。
そのばらつきをなくすために、シャフトの先端に重りをつけています。

 
外観は変わらず、バランスも正確に合わせられています。
ところが、これが大きなお世話でヒール部分の重さがばらつくことで打ちにくい番手が出てきたりします。

 

こんなときには、シャフトを一度全部抜いて挿しなおすという方法があります。

シャフト先端の外径とネック穴の内径はピッタリ同じではないので、そのためにシャフトの挿され方でロフト、ライ角にもばらつきがあります。

メーカーもかなり工夫をしてばらつきの内容に努めていますが、どうしてもシャフトがまっすぐ挿さっていない個体も出てきます。

 

こちらもシャフトの挿入角を直すのではなく、ネックを曲げて調整されるのでここで重心角の流れが狂うこともあります。

この問題も丁寧に一本一本挿し直すことで解決できます。

 

シャフトを真っ直ぐ挿入した後にネックを曲げて重心角の流れを整えると
 


隣のクラブと触れないようにして確認します

 
そしてこの上で重りを外した分鉛を貼って最終調整をすると打ちにくい番手のないアイアンセットになります。
 
ゴルフが上達するほどクラブの影響を大きく受けることになるのでアイアンセットのオーバーホールを是非お試しください。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!

LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします