番手によってアドレスの力の入れ方を変えてみる

シャフトの重さは、ウェッジ → アイアン → ユーティリティ → フェアウェイウッド → ドライバー、

 

と、だんだん軽くなっていくか、全て同じ重さになるようにセッティングすることが、アマチュアゴルファーの間でもだいぶ定着してきたように思います。

 

 

そうすることで、長いクラブほどクラブの総重量が軽くなっていき、全ての番手で振り心地が揃ってくれます。

 

こうしたクラブを振るときには、軽いクラブほどアドレスでできた腕と肩でできる三角形やグリップ、手首を軽く固めてスイングするようにすると、それぞれの番手をスムースにスイングすることができると思います。

 

結果的にドライバーが一番脱力感を感じるようなアドレスになります。

 

特に、アイアンとドライバーの重量差が大きい場合には注意してください。

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!
LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。