責任転嫁と自己暗示

皆さんの周りにも、性格は悪いがゴルフは上手いという人もいるのではないでしょうか?

 

ゴルフは全て、自分が打ったストロークの積み重ねによりスコアが作られます。ですから自己責任のスポーツと言われるのだと思いますが、ミスショットの度に自分を「馬鹿、下手くそ」など責め続けてしまうのは、精神衛生上良くありません。

 

そこで登場するのが、悪い自分という事になるのでしょう。例えば、クラブが悪い、ゴルフ場のグリーンの手入れが悪い、キャディーの動きが悪い...など まさに責任転嫁のオンパレードです。そんな方法で精神面の自滅を防いでいる上級者もきっと多いと思いますが、こんな人が会社の同僚にいたら、仕事のミスを責任転嫁されそうで怖いですね?

 

プロゴルファーであれば、自分の競技成績のみで食っていけるのでしょうが、皆さんは悪い人を出してしまうと、周りからの信頼を失ってしまうのでお薦めできません。

 

そこでお薦めの方法は、自己暗示を掛ける事です。

 

自分がナイスショットを打ったら、「なんて素晴らしいショットだ」と心の中で叫んでみましょう。ミスショットが出たら、「前に進んだだけマイナス点ではないので良しとしよう」や「次はきっといい球が打てるよ」など必ずプラスに考える事を習慣づけてみましょう。

 

ゴルフはおめでたい人の方が向いていると以前お伝えしましたが、言葉に出して相手に聞こえてしまったら、変わっている人の烙印を頂戴してしまうかもしれませんので、心の中でつぶやく事をお薦めします。