今日は、とことんマスターズ

マスターズゴルフが無事閉幕しました。テレビをみている視聴者の方が、プレーヤーよりもドキドキしているのではないかと思うほど、テレビ画面に引き込まれた素晴らしい大会だったと思います。

 

また優勝争いが、アダム・スコット選手とアンヘル・カブレラ選手という共に聖者の名前を授かった二人による勝負になった事も、より感慨深い思いを抱かせてくれたのかもしれません。

 

優勝争いをみている時に、本来は特定の選手に肩入れするのはどうかな?と思う事もあるのですが、今回はアダム・スコット選手を応援している自分がいました。

 

理由は2つあります。

 

一つ目の理由は、私事で恐縮ですが共にグレッグ・ノーマンを尊敬しているという共通点です。

 

私は15歳の時にゴルフを始めたのですが、きっかけはテレビに出ているカッコイイ外人のコマーシャルでした。そのCMは、日本のビールのコマーシャルで、名前も知らないカッコイイ外人の名前はグレッグ・ノーマン。職業は俳優?ではなくてプロゴルファーという職業だったのです。そのカッコイイ外人と同じスポーツをしてみたいという訳で、私はゴルフを始めました。

 

二つ目は、皆さん既にご存知でしょうが、アダム・スコット選手のポロシャツに輝くユニクロのエンブレムです。日本人としてユニクロが全世界で知られて、嬉しくない人はいないでしょう。東日本大震災の時に、真っ先に支援表明をしてくれ、日本社会に対しての貢献度など、私は個人的にこの会社を尊敬しています。

 

アダム・スコット選手は、去年全英オープンで、歴史に残るような逆転負けをして、それがトラウマになって、無冠の帝王になってしまうのではないか?持ってない男になってしまうのではないか?などメジャー大会の度に気になっていました。

 

そこでユニクロと契約して、1年目でこの快挙です。私の中ではユニクロは持っている会社(社長さんが持っている男?)のイメージが強くなりました。今後ユニクロがさらに世界で認められ、日本人もユニクロを着てゴルフを楽しむ人が増えたらいいなと願わずにはいられません。

 

服の性能は証明されたのではないでしょうか?マスターズで晴天の日も、雨天の日もアダム・スコット選手のプレーを支えたのですから。。