自分のタイプを知る

ひと昔前に、「5時まで男」、「5時から男」というフレーズが流行りました。俗に言う、朝型人間や夜型人間というものでしょうか。。

 

ゴルフにおいても、自分のタイプを知って、練習のスケジュールやラウンド当日の行動を決めると良いのではないかと思います。

 

私自身も、今までの練習やラウンドの経験で、時間によってどうも調子の出ない時間帯や、気力も充実して絶好調の時間帯がある事に気づきました。

 

私の調子の良い時間帯は、どうやら夕方頃のようです。その時間が調子が良いならゴルフには向いていないというツッコミはご勘弁下さい。

 

理由を考えて見ると、私は血圧は低めです。朝の目覚めも不得意です。食欲も朝はあまり無く、夜になると食欲も出てきます。

 

ゴルフの練習も朝は身が入らずに、調子も良くありませんし、ラウンドの統計をとっても、午前のハーフより、午後のハーフの方が好スコアが多いです。

 

こういった現象を考えて、ゴルフの練習やラウンド当日の時間割を私なりに設定しました。

 

コースをラウンドする日は、自分がスロースターターである事を自覚しているので、スタート時間から逆算して最低でも3~4時間前には起床するようにしています。スタート時間の1時間半前にはコースに到着して、ストレッチや、朝食を取り、1時間前から練習を開始出来れば、私なりに良い準備が出来たと思える状況になります。ラウンドが始まったら、最初のホールはパーが取れたらラッキーで、ボギーでも良しという考えで臨んでいます。

 

町の練習場に出かけるとしたら、朝はあまりいきません。練習に身が入らずに、調子も出ないからです。ただし、自分の体が本調子でない時の傾向を探る為に、あえてこの時間に練習する場合も稀にあります。

 

日没前後の時間は、体の調子は良いのですが、夕日によって球が見えなくなる練習場は、基本的にパスします。夕方の時間帯にしか練習出来ない時は、主にアプローチをメインにします。

 

夜の照明がついた練習場は、私の一番好きな時間帯です。体の調子も良く、気力も乗りやすい状況です。新しいクラブなどを手に入れて、いよいよ初打ちといった場合は、調子が良くなりやすいこの時間に必ず打ちます。新しいクラブのイメージは、最初の印象が大切だからです。

 

皆さんもご自分のタイプを知り、練習の時間や、ラウンドに備えてみてはいかがでしょうか?