上がりの数ホールでダメになる

ゴルフは、ラウンド時間が4~5時間と長丁場です。

 

前半のハーフは、まずまずのスコアであがれても、後半になると、突然調子が崩れてしまう事が多い人もいるかもしれません。

 

このような人は、体力不足も考えられますが、エネルギー補給を怠った事も考えられるのではないでしょうか?

 

ゴルフのパフォーマンスの維持には、水分補給、エネルギー補給、アミノ酸の補給などが大切だと言われています。

 

市販のゼリータイプの物など、アミノ酸やエネルギー補給に優れた効果を発揮するものを、ラウンド中に摂取する事で、パフォーマンスの低下を予防できます。

 

補給するタイミングも、自分が飲みたい時に飲むのではなく、定期的に2ホール毎や、3ホール毎に補給するなどにしたほうが、良いでしょう。水分補給を行う時も、喉がかわいたと感じてからでは、遅いと言われていますので、定期的に飲む習慣をつける方が、良いと思います。

 

後半に調子を崩しやすい方は、試してみる価値はあると思います。