ギア効果を詳しく知っておきましょう

 

ギア効果という言葉をご存知でしょうか?

 

ウッドのフェース面は曲面になっていてフェースの中央辺りが膨らんだ形になっています。

 

このようなフェース面のクラブでボールを打ったときに、

 

ストレートのスイングのインパクトでスイートスポットを外した場合、フェースの下寄りに当たるとスピン量が多く、上に当ると少なく、

 

トー寄りに当たるとフック回転、ヒール寄りに当たるとスライス回転になります。

 

これは、2枚の歯車がかみ合っているときに、一方の歯車が回転すると、他方の歯車は逆回転をすることになぞらえて、ギア効果と呼ばれています。

 

 

【簡単スライス修正 Part5】ギア効果編

 

 

ひと昔前のドライバーは、ギア効果を利用してフェースのセンターで打つよりも、やや上に当てるとスピン量が減って距離を出すことができました。

 

ただ、フェースのセンターで打つよりもボールの初速が下がることが難点でした。

 

当時よりもヘッドの重心位置が低くなった今は、フェースの中央で打ってスピン量が減るギア効果が働くので、初速を落とすことなくスピン量が減らせるようになったため、昔より飛距離が出せるようになっています。

 

テーラーメードのウッド系のクラブでは、ギア効果を利用して、スイートスポットを外しても、ボールが真ん中に戻ってくるようにフェース面の曲率が計算されており、このフェースの形状がねじれているように見えるため、ツイストフェースと名付けられ、搭載されています。

 

ラウンドでも、風のふいいているときにギア効果を利用することもできます。

 

基本はいつもフェースのセンターに当たるように打っていればいいのですが、もし少し外れたとしたら、

 

アゲインストのときは上、フォローのときは下、右からの風のときはヒール寄り、左からの風のときはトー寄りに外れるように工夫をすると、風に流され過ぎずに済みます。

 

練習時は、ギア効果が働かないように芯で打てるようにいろいろと工夫をしましょう。

 

そうして当て方をコントロールできるようになれば、どうしても芯に当たらないときに調整もできるようになります。

 

ギア効果を正しく理解しておくと、ショットの分析などにも役立ちますし、ラウンドでそれを利用することもできますから一段上のゴルフが出来るようになるでしょう。

 

 

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。