パッティングライン別の注意点

針式時計の文字盤の中心にボールがあり、6時から12時向かって上りのストレートラインだとします。

 

カップが12時と6時の位置にあるときにストレートラインになり、3時と9時にあるときに一番大きく曲がるラインになります。

それが正確に判断できていればいいですが、肉眼で傾斜を見てなかなか自信を持ってラインを判断しきれません。

多くの人はスライスしそうにもフックしそうにも見えてしまうと思います。

 

上りのストレートラインはカップの右に打ち出せばスライスし、左に打ち出すとフックになりますので、切れるかどうかラインに自信が持てないときは、カップの真ん中にやや強めに打つのが確率が高い狙い方になります。

上りのストレートラインは方向に対してシビアなラインになります。

 

逆に下りのストレートはカップの右に打ち出すとフックして左に打ち出すとスライスしますので、少々打出方向が狂ってもカップの方向に転がってくれます。

下りのストレートはタッチに対してシビアになります。

 

「ゴルフ パッテ...」の画像検索結果

 

ということで、上りのストレートに近いラインはカップの真ん中に強め打ち、下りのストレートは同じく真ん中を狙って、タッチ重視で打つようにするとカップインの確率が高くなります。

 

他に3時や9時の真横からのラインは上って下りになり、真っ平らなストレートラインでジャストタッチで打つと真横からでもジャストタッチで入ります。

ですが、曲がりが大きくなるので下りのライン風に打ってしまいがちです。するとわずかに弱くてカップの下側に外れてしまいます。

真横からのラインは方向もタッチもどちらかが狂っただけでほとんどカップインしなくなってしまいます。

傾斜が強いときは難易度が高いパッティングになりますので、真横からのラインが残らないようその前のショットを打つようにしましょう。

それでも真横のラインが残ってしまったときは、ラインを少し薄めに読んで、タッチを合わせるのが3パットを防ぐ狙い方になります。

ラインによって狙い方を工夫してパット数を減らしていきましょう。

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!
LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。