女性ゴルファーの番手ごとの飛距離差

昔のクラブの飛距離は9番アイアンの倍がドライバーの飛距離といわれていました。

現在はロフトの設定がPWかAW辺りの倍がドライバーの飛距離となります。

そして、SWの3倍の飛距離がドライバーの飛距離くらいになるのが目安になります。

 

すると、計算上でヘッドスピード30m/sの人のドライバーの最高飛距離が180ヤードで、その1/3の60ヤードがSWの飛距離になります。

この場合、ドライバーとSWの飛距離差が120ヤードとなります。

 

クラブはパター以外のクラブを13本入れることができるので、120÷12=10ヤードが番手ごとの適正な飛距離差となります。

1W  180y

3W  170y

5W  160y

3U  150y

4U  140y

5U  130y

6U  120y

7I  110y

8I  100y

9I  90y

PW  80y

AW  70y

SW  60y

 

と10ヤード刻みが理想であることが分かります。

必ずしもこの飛距離になるわけではありませんが、目安として知っておいてもいいのではないでしょうか?

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!

LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。.詳しくこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。