スライスしてしまう打ち方

スライスになる原因はインパクト時の軌道に対してフェースが右へ向くことです。これを誘発してしまう原因は無限にあると思いますが、その中で多くの場合左腕が体から離れて当たり、グリップエンドがアドレス時よりも高いとまずスライスになってしまうでしょう。

 

左腕が離れてしまうことに関しては、ごく短いアプローチでインパクト時に左腕が体に密着して当たるように注意してフェースがスクエア、もしくはやや左向きでインパクトする感じをつかむといいでしょう。

 

そしてインパクト時にグリップエンドが高い位置で当たってしまうのには、膝立ちでアドレスしてダフらないように素振りをしてみて下さい。この時に腕とシャフトで出来る角度がアドレスよりも伸びないように出来るようにすることがポイントです。この練習をする場合には軌道がかなりフラットになるので背中側に広いスペースがあるところで行ってください。練習場でやる場合は後ろの打席に人がいないところでやって下さい。