同伴競技者を参考にする

私が感銘を受けたアドバイスをご紹介します。

パットの名手、青木功プロの本に書いてあった内容なのですが、パットの上り、下りは同伴競技者の動きで分かるというのです。

どういう事かというと、人間というものは、上り坂になると歩幅が広くなり、下り坂になると歩幅は狭くなる習性があるというのです。

そのアドバイスを頭に入れて、以後数ラウンドに渡り、同伴競技者の歩幅を気にして、上り、下りを判断するようにしましたが、これが驚くほど当たっていると感じました。

確かに、自分の歩き方を振りかえっても、上り坂は大股で下り坂は小股で歩いていることに気づきました。

グリーン上の傾斜がわからないという方は、同伴競技者の歩幅をチェックしたり、自分がカップに向かって歩いた時に大股、小股どちらになっているか気にしてみると良いかもしれません。

グリーンの読みがイマイチと感じる方はご参考までに。