クラブを変えたらスライスが止まらなくなった?

パーシモンのドライバー、ステンレスヘッドのドライバーの頃は、設計の自由度が低くて、ロフト角とフェースの向き以外の選択肢しかありませんでしたので、この頃は「クラブはシャフトで決まると言われていました。

 

ところが、比重の軽いチタン合金でドライバーのヘッドが作れるようになったことで、重心位置を大きく変化させられるようになり、設計の自由度が飛躍的に高まってきた昨今はクラブ選びがとても難しくなってきました。

 

完成度の高いよく考えられたドライバーも合わなければとても打ちにくい難しいクラブになってしまいます。

 

昔は技術さえ高ければ道具の差は簡単に埋められましたが、現在はクラブの知識も上達するための条件の中に入るのかもしれません。

 

特に少し前までは、スイートエリアを広げるために重心が深いドライバーが多く、そのためにスライスしにくいクラブが多かったのですが、飛距離を出すために重心を浅くしてスピン量を減らすタイプのドライバーが増えてきたので、こういうタイプのクラブはスライスしやすいクラブなので、このような違いを知らずに購入するとスライスが止まらなくなって飛ばなくなってしまうこともあるわけです。

 

クラブ選びの際は焦らずに専門家に必ず相談の上、ご購入ください。

 

((((((( ‥)ノ |EXIT|