ゴルフクラブの特性と初心者のスライスボール

野球のバットやテニス、バドミントン、卓球のラケットなどボールを打つ道具は打点が軸線の延長線上にあるのが一般的で

 

ゴルフクラブやホッケーのスティックは、シャフト軸線から外れて打点が設けられています

 

後者の道具は 思い切りスピードを出して振る場合には前者に比べて複雑な挙動をおこすので扱いが難しくなります

 

具体的にはダウンスイング時に慣性の法則に従って、クラブヘッドの重心がトップの位置に残ろうとする力が働いてシャフト軸をプレーヤーから見て時計回りに回そうとします

 

その結果フェースが右に向いてしまうわけです

 

初心者の中でスライスする人が多いのは上記のクラブの特性を知らずにインパクトへクラブヘッドを戻そうとすると、自分の予定よりもクラブフェースが右を向いて当たってしまうためにスライスボールになって右へ飛んで行ってしまうのです

 

これは上記のクラブの特性を理解した上でクラブフェースをスクエアに戻す工夫とクラブに対する慣れで解決します

 

クラブフェースをスクエアに戻す方法については 少しもったいぶりながらアップしていきますのでよろしくお願いします  ドキッ(゚-゚;)ヾ(-_-;) 手抜きだろ?