シングル入りのショートパット♪

長いパットを数多く沈めることは才能が必要なのだと思います。ショートパットを上達するためには根気や努力といったものでかなり上手くなることが出来ると思います。

nbsp;

青木功選手の若い頃の話を聞いたことがあります。とあるゴルフ練習場にある練習グリーンで朝から1メートルのストレートラインを練習していたそうです。その練習場のオーナーは軽い挨拶をかわして出かけていったそうです。夕方オーナーが帰って来ると青木選手はまだ同じ位置で練習していたそうです。オーナーが近づいていって驚きました。何とボールの摩擦でボールからカップの中央までの芝生が擦り切れて真っ直ぐな道ができていたそうです。

nbsp;

丸山茂樹選手は日課としてパッティングマットで200球連続でカップインしてから就寝するそうです。始めた当初は徹夜に近くなってしまったこともあったそうです。

nbsp;

パットの上手い人のほとんどはこのような地味な努力を継続する事をしてきた経緯があるようです。200球とは言いません。シングルになりたいと思う方、毎日欠かさず10球続けてカップインさせる練習を続けてみて下さい。毎日毎日続けていくうちにあれだけやったんだからというショートパットに関する自信が身につくはずです。

nbsp;

nbsp;
div class=”entry-content”

                                               ((((((( ‥)ノ |EXIT|

/div