シャンクの打ち方を考える

シャンクというミスはクラブのネックがターゲットラインを超えなければ絶対に起こらないミスです。ネック部分がターゲットラインを超える動きはどんな動きがあるでしょうか?これをたくさん知っておけばその逆のことをすればシャンクは直るということになります。

 

例えばどんな動きがあるでしょうか?

 

インパクトで

・体重がアドレスよりもつま先よりにかかる。

・手が体から離れる

・アドレスよりハンドダウンに当たる

 

など上げればきりがありません。人間の体はかなり複雑な動きができるようになっているので上記ののミスを相殺して余りある動きがあればフェースの先よりにあたることもありえます。

 

ネックがターゲットラインを超えて当たるか近づいて当たるとシャンクになります。言い換えればアドレス時にフェイスの中央にボールをセットしているとしたら、グリップエンド位置がインパクトの瞬間にアドレスよりも体に近ければネックはターゲットラインから体よりに離れて当たることになります。

 

シャンクを直すにはインパクトでグリップエンドを身体に引きつけながら振れるようになることを目指せばシャンクも直りスイングの質も格段にアップすることでしょう。