シャンクとセットになる事が多いミスショット

 
ショットしたボールが左へ飛び出してさらに左へフックしていくボールになる事が多い人はシャンク予備軍ですので注意してください。
 

シャンクはインパクトの時にアドレス時のヘッドの位置よりも体から離れてネックにボールが当たり大きく右へ飛んで行くミスショットです。

 
上記の左に飛び出して左に曲がるボールはヘッド軌道がアウトサイドインでフェースが左へ向いた時に出るミスショットなのですが、インパクト直前にアウトサイドにあるヘッドを左に飛ばしたくないので目標の右に振り抜こうとするとアドレス時よりもヘッドが体から離れてしまいネックに当たりシャンクになります。

 
フェースにヒットすると左へ引っかけ、左に飛ばないように振るとシャンクになるシャンクの王道ともいえる負の連鎖です。

 
直し方としてはダウンスイングでフェースを開き気味にしてインサイドへ振り下ろすことが出来るようになると負の連鎖から脱することが出来ます。

 
シャンクはゴルフで最も打ちたくないミスショットの1つだと思います。

シャンクには絶対ならないスイングを身に付けてゴルフを楽しんでほしいと思います。


 
もうすぐ春!ゴルフシーズンがやってきます♪
そろそろ準備をしなくちゃですね。

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
⇒体験レッスンはこちら