大雨時のショートパットの打ち方

 

大雨時にプレーしている場合、ボールがホールから30cm以内に止まっているときは傘を差したままプレーするのもありだと思います。

 

ルール上は傘を自分で差したままプレーしても違反ではありません。

 

https://www.golfdigest-minna.jp

 

別にロングパットでもドライバーショットでも差したままプレーしても差し支えありませんが利益はないと思います。

 

50cmくらいだともし入らなかった場合ちゃんと打てばよかったと後悔することにもなるでしょうから、片手で打って簡単に入れられると判断したときは傘を差し球ままホールアウトしてしまった方が無駄に濡れずに済みます。

 

ただし、他人に傘をさしかけてもらったままストロークをすると違反となりますのでご注意ください。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。

 

you tubeにレッスン動画をアップしています。     ⇒レッスン動画はこちら