アンカリング

いよいよアンカリングの禁止が近づいてきました。

 

アンカリングのルールについては、本人のストロークがルールに触れる触れないに関わらず知っておいて損をする事はないと思います。

 

ここでおさらいをしてみましょう。

 

 

golf_left_160

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

より転載させていただきました

 

アンカリング – 禁止行為 (ルール解説)

パターのアンカリング (anchoring) が 2016年から禁止される。R&A と USGA は以下の (1) (2) (3) (4) のようなパターの使い方を 所謂 アンカリング (ストロークの基点を作る方法) を用いたパッティング・スタイルとして (2016年以降) 禁止の対象に挙げている。

禁止例

2016年以降 禁止されるパッティング・スタイル

今回のルール変更の原文は “prohibit strokes made (1) with the club or a hand gripping the club held directly against the player’s body, or (2) with a forearm held against the body to establish an anchor point that indirectly anchors the club.” となっている。つまり、(1) クラブ または クラブを握る手を 体に直接固定する、もしくは、(2) 前腕を体に付けて間接的な基点 (anchor point) を作る という方法を用いたストロークを禁止し、当該ルールに違反した場合は ストローク・プレーであれば 2打罰、マッチ・プレーでは そのホールの負けを ペナルティとして科すものである。(写真は R&A ウェブサイトより 抜粋)

このルール変更で 中長尺パターが使えなくなると思っている人が 少なくないようだが、実は必ずしも そうではない。長尺パターでも 右の (6) のように 腕とグリップ・エンドのどちらも 体から離れていれば 2016年以降の新ルールでも 違反に該当しないのである。 一方、短いパターでも (5) のように グリップを 腿、即ち、体に押し付けるようにして固定させ、それを 基点に ストロークをする形になれば 新ルールに違反するスタイルになると言うことだ。
禁止例

違反はパーターの長さではない
(参考例)

もちろん、下の (7) のような標準的なパッティング・スタイルは 左右どちらの手が上であろうが問題のないスタイルである。また、(8) (9) のように パターを腕に固定しても その腕が体に密着するようにして固定されなければ (腕に固定するような形でも) 問題ないし、(10) のようにグリップ・エンドを基点にするような 所謂 クロー・グリップも そのグリップ・エンドを握っている腕が体に密着して固定されなければ 問題ない訳だ。

許される例

2016年以降も許されるパッティング・スタイル (参考例)

以上が 2016年から禁止される見通しのパッティング・スタイルに関する要点の説明である。おそらく、これで長尺パターを使う人は居なくなるだろうが、中尺パターに関しては (うっかり、違反をし易い形状だから) どうなるか 予測し難い状況だ。いずれにせよ、この詳細に 興味のある方は R&A/USGA の発表の日本語版に 詳しく記載されているので 該当ページの説明を ご覧下さい。» 詳細