曲りの大きいラインのショートパット

1mのパットで弱く打てば右30cm強く打てばカップの右縁に打てば入るラインがあるとします。

 

という事はカップの右縁から30cmまでのどこかに向いて構えればカップに入る可能性があります。カップの右縁を狙うならかなり強く、30cm右を狙うならカップにやっと届く強さで打てば入りますし、15センチ右ならその中間くらいの強さで打つといいのですが、強すぎれば右へ弱すぎれば左に外れてしまいます。

 

ショートパットの性質として、上りのストレートラインは距離は合わせやすく、下りのストレートラインは方向が合わせやすいので、上りは方向性に、下りはタッチに注意を払えばいいのではっきりしますが、真横からの曲りの大きいパットは方向と距離の両方に注意を払う必要があります。

 

方向と距離の両方に注意を向けるとどっちつかずになりやすいので、狙う方向を先に決めてタッチに集中するかタッチを先に決めて打ち出し方向に集中するかにした方がスムースなストロークがしやすいかと思います。

 

個人的にはこのラインの場合なら20センチくらい右に適当に方向を決めて、カップのセンターより左(下側)からカップに入る強さになるように注意を払います。下側から入れようとするのはカップの高い側をボールがなめると加速してもう一度長いパットが残る事を防ぐためです。

 

いずれにしてもどんなパットの時も打ち出し方向と強さを合わせる作業をすればいいので、必ず両者を打つ前に決めてからセットアップするようにしましょう。

 

決まらないままセットアップに入ってしまうとストロークが狂いやすくなりますし後悔も残りますので、必ず2つの決断をしてからストロークに臨んでください。