真横のラインからのパッティング

傾斜の強い時の真横なラインからのパッティングはっ最も難易度の高いパッティングの状況の一つだと思います。

 

上りのラインなら方向を、下りのラインならタッチを合わせることに集中すればそれなりに上手くいきますが、真横からのラインは距離と方向の両方をコントロールできないといい結果になりません。

 

それと真横からのラインだと出だしの半分が上りで残りの半分は下りになります。上って下るラインは曲がりの少ないラインでも距離を合わせるのは難しいのですが更に曲がりが大きいのが真横のラインからのパッティングです。

 

狙い方としては距離感重視で距離を合わせて寄せに行くつもりで狙い、方向もあえばラッキーといったくらいがいいでしょう。

 

特にミスしやすい原因の一つとして出だしの上り部分読みが甘くなりがちでショートしやすいので注意が必要です。

 

このラインの注意点は、曲がりが大きいラインである事。上って下りになるラインである事から難しい状況であることを認識してタッチを合わせることに集中して次のパットをタップインできる距離に寄せられればOKと無理をしないことが大切だと思います。