曲がるラインの練習法♪

ショートパットでストレートラインなら届きさえすれば少々強くてもカップに入ってくれます。ところが曲がりの大きいラインになるほど強ければ上へ抜けて弱いと下に抜けてしまいます。曲がりが大きいほどタッチを合わせることが重要になってくると言うことになります。

nbsp;

この練習として、コースの練習グリーンの強い傾斜に切ってあるカップを選んで、1メートル~1.5メートル程のの真横の一番大きく切れるラインを選んでください。仮に弱いと1メートルフックするラインだとしたら、まず右に1メートル以内のどこでもいいので適当に右を向いて構え、その向きから正しい強さで打ち出せればカップインできます。そしてカップの右1メートル以内のいろいろな方向にランダムにセットアップをしてカップに入るだろうと思われる強さで打つ練習をしてみてください。

nbsp;

この練習により、タッチの大切さや自分にとってカップに入れやすいラインがどのくらいか?ラインを薄く読んだ時のリスクなどいろいろな発見ができると思います。

nbsp;

お試しあれ。
div class=”entry-content”

                                (((((( ‥)ノ |EXIT|

/div