パッティングを学習する順序

パッティングに限らずゴルフはショットの距離と方向を合わせるゲームです。

 

 

 

 

初心者のパッティングは特に距離を合わせることが重要です。

 

初心者でもパッティングならラインさえ読めていれば方向はそう狂うものではありません。

 

距離さえ合わせられれば3パットまでで済ませることができます。

 

 

 

方向に気をとられ過ぎて距離が合わせられないと4パットどころか延々と終わらない可能性も出てしまいます。

 

距離が合わせられるようになるほどライン読みも正確にできるようになり。距離が合わせられるほど方向に注意が向けられるようになります。

 

距離はボールの初速で決まり、初速を変えるためにヘッドスピードをコントロールすることになります。

 

方向はインパクトのフェースの向きで決まります。

 

ヘッドの軌道はあまり大きな影響は出ませんが、もちろん良いに越したことはありません。

 

ということで、パッティングストロークをおぼえる順序として、

 

① 距離感=距離に応じたヘッドスピードで打てるようにする

② 方向=インパクトのフェースの向きを打ち出したい方向に向けられるようにする

できれば軌道を一定させる

③カップインさせる=距離と方向を同時に合わせる。

 

ヘッドの軌道ばかりを気にすることはあまり結果を左右しないのでヘッドの軌道は本番ではあまり考えない方がいいでしょう。

 

③までをコントロールできたら、できるだけ効率のいい軌道でストロークするようにすると、より精度が高まります。

 

ということで、初心者の方のパッティングは、

 

まずは、打ち出したい方向にむけて大体構えられたらヘッドのスピードに注意を向けてボールを打つようにし、

 

次にフェースの向きに注意を向けてストロークし、

 

これができてから良い軌道でストロークできるようにしていきましょう。

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!

LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。