大きな山の裾野にあるゴルフ場は傾斜の読みがむずかしい?

下の右図は急斜面に宅地を建設する場合の造成の際に盛土といわれる方法で行うことの説明ための図です。

 

急斜面にゴルフ場を建設する際はこの方法を駆使して傾斜度を小さくしてそこにホールを造って行きます。

 

平野部や大きな山の裾野に広がるゴルフ場ではほとんど使われません。

 

なので、裾野の傾斜がそのまま残っているのですが、元の傾斜が平らに見えるので、目で見て平らに見えても元の傾斜分傾いていることになります。

 

このような場所のゴルフ場では山の頂上から下に向かって順目という表現をしてこの錯覚を補正するよう工夫されます。

 

なので芝の葉の流れの順目ではなく、気が付きにくい傾斜が頂上から下に向かってあるよという見た目と別の傾斜の方向を下に向かって順目上に向かって逆目と表現されます。

 

グリーン読みが上手い人は目を無視してもリアルな傾斜を読み取れますが、そうでない人が大半になります。

 

そしてグリーンは例えば3度の傾斜でひたすら下っていく打ち下ろしホールはそのままグリーンを作ると斜度がきつすぎるので2度ほど盛土をして補正します。

 

このせいで錯覚が起こりやすく正しい傾斜を読みにくくする要因となっています。

 

なので、グリーンの盛り上げ方を観察すると一番低い方向の盛土が一番高く盛り上げられていることが多くなりますので、目がどちらからきているかを読み解く助けになります。

 

これはどんなゴルフ場でもありますので、プレーの際はゴルフ場全体の傾斜、盛土の有無などを観察するとより正確な傾斜読みができるようになるでしょう。

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!
LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします