ショートパットを何とかしたい

以前にも書きましたが、ヘッドスピードの遅いショートパットは、スイング軌道で

はなく、インパクト時のフェース向きに球が打ち出されます。ということはショートパットが

入らない方は、インパクト時に自分が狙ったラインに、フェースが直角に向いて当たって

いないと思われます。(ラインを読み間違えている可能性もありますが....)

今回は打ち方ではなく、道具としてフェース面が変わりやすいパターを想像してみます。

①クラブの重量が軽いと、フェースの開閉はしやすくなります。

②クラブヘッドが小さいと、フェースの開閉はしやすくなります。

③グリップが細いと、フェースの開閉はしやすくなります。

ということは、開いて閉じる打ち方をしたい人は別ですが、とにかくフェース面が変わりづらい

ほうが良いという人は、重くて、デカヘッドでグリップが極太がお薦めという事になります。

そういえば、ちょっと前に日本の男子ツアーで、ショットメーカーとして知られるハッスルプロ

も、お弁当箱みたいなパターを使っていた記憶が.....