練習グリーン

多くのプレーヤーがスタート前に練習グリーンでパッティングの練習をしてからスタートしていきます。練習グリーンではポコポコ決まっていたのに、本番ではなんと、3パット連発 (゚´Д`゚)゚ またその逆に、練習グリーンではてんでダメだったパットが本番では1パット連発 ヽ(*´∀`)ノ なんて経験をしたことのある人は多いと思います。

 

もちろん精神的な要因も大きく関係しますが、それだけではありません。練習グリーンは本番のグリーンよりも多くのプレーヤーが歩き回るので、どうしても地面が少し固くなります。そのためグリーンのスピードが速いことが多いんです。逆に休ませていた練習グリーンの使い始めは遅くなります。良いコースはこの差を埋めるために工夫してくれているのですが、そうでないゴルフ場も多いのでスタート前にみっちりと距離感を合わせようとせず。自分の調子をつかむ程度にしておくのも得策です (;´∀`) (-。-)y-゜゜゜

 

どんなグリーンもすぐにアジャスト出来た方がいいのは言うまでもないのですが、そうは問屋が卸してくれません。練習グリーンを上手に活用してスコアアップを目指しましょう。 ヽ(*´∀`)ノ