出来れば夏と冬ではアイアンのライ角を変えましょう

日本のゴルフ場で多く採用されている芝生がコーライ芝と野芝で、フェアウェイはほとんどのゴルフ場がコーライ芝を採用しています。

 

コーライのフェアウェイでは冬はほとんどボールが浮かず、夏は芝生の上に浮いたような状態になります。

 

夏の方がボールが浮くので靴底とボールの高低差が大きくなるのでアイアンはライ角をフラットにショートホールのティアップもやや高めにシャフトは軽めの硬めにして、冬は夏よりもライ角をアップライト、ショートホールのティアップは低め、シャフトは重めの軟らかめにすると1年を通じてスイングを一定してプレーすることができます。

 

季節に合わせて2セットアイアンを用意しておくとわずかにライバルを出し抜くことが出来るでしょう。

 

しかし、そこまでしなくても・・・・。

 

いいと思います。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

⇒体験レッスンはこちら