メッキとノーメッキ

ウェッジクラブには、メッキとノーメッキの2種類のヘッドが販売されているモデルがあります。

ノーメッキタイプのモデルは、錆びるので手入れが大変ですが、メッキタイプに比べるとスピンが掛かりやすくなります。

メッキ加工を施すには、ムラにならないようにフェイス面にバフをかけるので、溝のエッジの部分が少し削れてしまいます。プロや上級者が好んでノーメッキのウェッジを使うのは、少しでもスピン性能を落としたくないからだと思います。

少しでもスピンをかけたいと思う方は、ノーメッキのウェッジ、手入れをしたくないし、綺麗なクラブを使いたいと思われる方は、メッキのウェッジを使用される事をオススメします。