今さら聞けない「ミート率」って何?

ミート率という言葉を聞いたことがある人は多いと思います。

 

ミート率は芯に当たる確率、あるいは芯に当たるとミート率が上がると勘違いしている人も多いようです。

 

ミート率とはヘッドスピード40m/sで打ったボール初速が60m/sだった時にヘッドスピードの1.5倍の速度でボールが飛び出したのでミート率は1.50という事になります。

 

同じ軌道とフェースの向きで当たるとしたら芯に当たるほど初速は速くなりますが、芯に当っても打球が大きなスライスになってしまったら、ミート率がかなり低くなることもあります。

 

このミート率はクラブヘッドにもボールにも反発係数の規制がある関係で、1.60を超える事はなかなかなく、1.50以上ならかなり高い高いと言えます。

 

反発係数の規制値を超えた非公認ドライバーや、反発係数、重量の規制値を超えた非公認ボールを使えば1.60を超えることもできるかもしれません。

 

こういったギアはルール違反ではありますが、友達同士ラウンドであれば試して経験してみてもいいのではないかと思います。

 

でも、これで前の組に打ち込みでもしたら大変なマナー違反になってしまいますから、周囲には十分に注意してください。