クラブ規制とクラブ選び

ゴルフのルールブックにはクラブの規制に関するルールがあります。

 

簡単にいうとクラブとは球を打つ事を目的とした道具でルールとしては、その伝統と慣習を守る事が主な目的で球の飛び過ぎや止まり過ぎを抑えてフェースコントロールが易しくなり過ぎないように規制をしています。

 

よくルールの規制ギリギリをうたい文句にしているものがありますが、ドライバーやフェアウェイウッドなら距離が出て、それ以外のクラブはよく止まるクラブになっています。

 

メーカーとしては規制ギリギリまで持っていきたいのですが1本でも規制に引っ掛かってしまう製品が出てしまうといけないので、少し余裕を持って作ります。

 

これは、大量生産をする大手のメーカーほど規制値から余裕を持った設計になっていますので、もし、最高に飛ぶドライバーか、最高に止まりやすいアイアンを見つけたければ、地クラブといわれる小規模のメーカーの製品なら生産量が少ないので1本ずつ丁寧に規制ギリギリになるように調節ができますのでその中で探すといいものに巡り合えると思います。

 

大手メーカーの強みは地クラブメーカーと比べると開発費を多くかけることが出来るので設計は地クラブメーカーよりも優れていて万人向けのクラブを作ろうとしますので癖が無く、買って失敗する事が少ないでしょう。

 

一発を狙って地クラブを選ぶか、無難に大手メーカーの人気モデルを選ぶか、あなたはどちらを選びますか?