ドライバーなど軽いクラブは構える時の力加減を弱くしましょう

ドライバーは全クラブ中一番軽いクラブとなります。

 

基本的には他のクラブと振り方が大きく変わることはありませんが、シャフトの重さによって少し力加減を変えるようにすると振りやすくなります。

 

目安として、アドレス時のグリップを握る強さ、手首を固める強さ、脇の締めの強さはシャフトの重さに比例して増減するといいのですが、

 

例えばアイアンのシャフトの重さが90g、ドライバーのシャフトの重さが50gだとすると、ドライバーのセットアップはアイアンのアドレス時の力加減よりも弱くして構えてスイングするとスイングしやすくなります。

 

アイアンもドライバーもシャフトの重量が同じ場合は同じ強さで構えるといいでしょう。

 

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

⇒体験レッスンはこちら

 

you tubeにレッスン動画をアップしています。

⇒レッスン動画はこちら