アゲインスト対策

| |・) |ε・) |( ・ε・)ノ アゲインストのドライバーショットのお話です♪

 

ドライバーのヘッドのスイートスポットより下に当たるとボールのスピン量が多くなり、上に当たるとスピン量は少なくなりますが、この現象はギア効果と呼ばれていて、フェースが曲面になっているクラブ独特の現象です。ちなみにフェースがスクエアにあたったときにヒール寄りに当たるとスライス回転、トー寄りに当たるとフック回転になります。

 

スピン量が多いほどアゲインストの時には飛距離が大幅に落ちてしまいます。

 

そこで、ギア効果を利用して普段よりも意識してフェースの上寄りに当たるようにヒットします。すると、ボールのバックスピン量が減ってアゲインストの風による飛距離の減衰を抑える事が出来ます。

 

そもそもいつも芯に当てられればこれも簡単ですが、なかなか思い通りには当てられないでしょうけれどもフェースの下に当たりすぎて距離が落ちすぎるミスを避けるための保険と思えばいいでしょう。

 

注意しなければいけないのは、テンプラしやすい人はよりテンプラになる可能性が高まってしまいますのでそのような方はこの方法は選択しないほうがいいでしょう。

 

ちなみに、テンプラになるほどではなくてもスイートスポットから外れるほどボールの初速が落ちて距離が落ちてしまうことになりますが、打痕がフェース面内に収まっていればほどほどには前に進んでくれますのでやむを得ないと考えます。

 

成功するとアゲインストの風の中でほとんど飛距離をロスしないで済みます。

 

お試しあれ。                 ゴルフ ( ・・)_/ゞ ~゜ (「゚ー゚) オッ! ケッコー飛んだ!!