チーピン、グリップを直したら逆効果? 

チーピンは、ロフトの立ったクラブで大きくフェースが閉じたときに出るミスショットです。そこで、フェースが閉じるのを防ぐために、グリップの握り方を変える事は確かに方法の一つです。

nbsp;

例えば右のグリップをかぶせてウィークグリップにすると、チーピンの度合いが軽減、もしくは改善されることもあると思います。ただし、気を付けないとチーピンを助長してしまう危険もはらんでいます。

nbsp;

どういうことかというと、右手をかぶせるためには右前腕(肘と手首の間)を反時計回りに回します。この時に、前腕につられて上腕(肩関節と肘の間)もつられて反時計回りに回ってしまうことがあります。すると脇の下の背中よりの力が抜けるのでフォローの時に上腕が反時計回りに急激に回転してしまう事を誘発します。その結果、グリップを直した以上にフェースが閉じ、症状が悪化してしまう事が考えられます。

nbsp;

アドレス時に、上腕を時計回りに回転させる力をしっかり入れて、スイング中もその力が入ったまま振れるようになれば、右グリップをかぶせた分フェースが開いてチーピンは改善されるはずです。

nbsp;

((((((( ‥)ノ |EXIT|

nbsp;

nbsp;