シャフト交換

ゴルフクラブのチューンナップの一つのの方法としてシャフト交換という手があります。

 

例えばフックして困る時にシャフトのしなる位置のことをキックポイントといいますが、キックポイントが違うものに変えることでフックしにくいクラブにすることが出来ます。シャフトの手元寄りがしなるものにするとヘッドが返りにくく、ヘッド寄りがしなると返りやすくなることを利用するわけです。

 

本来はこのキックポイントをスイングテンポと合わせて振りやすい状態にするのですが、応急処置として、もし先調子のシャフトを使っている場合なら手元調子のシャフトに変えることでフックしにくいクラブにすることが出来ます。

 

また、シャフトを10グラム以上重くしてみる事でもヘッドが返りにくくなるためフックを軽減できるかもしれません。

 

このように応急処置的にシャフトを変える場合と、自分にとって振りやすいクラブにするためのシャフト交換があります。

 

できるなら、振りやすいクラブに仕上げて自分の技術を発揮しやすくすることで、技術をどんどんバージョンアップして行くようにするのが理想的なシャフト交換です。

 

昔に比べると、シャフト交換をしてみたことがある方は増えてきましたが、まだやってみたことがないという方がいらっしゃったら是非挑戦してみて欲しいと思います。もし、自分に合うシャフトが見つかると驚くほどショットが変わる事がありますよ。