ドライバーだけ打てない人結構多いのでは?

クラブを設計する段階で、そのクラブのコンセプトに従ってヘッドの重心位置を設定します。

 

仕組みが先に決まって後回しに重心位置が決まることもあるかもしれません。

 

 

重心位置を大きく分けると重心距離と重心深度に分けられますが、この設定を番手毎に一定させる場合とフローさせる場合があります。

 

前者は一貫して行ってのスイングで打とうというもので、後者は番手毎に微妙に当て方を変化させるもので、伝統的な設計はこちらになります。

 

この重心位置のうち、重心位置はクラブを構えた時にヘッドの大きさが前後に長いと長くなり、左右に長いと深くなり、上下に長い(厚みがある)と高くなります。

 

現代はドライバーだけが巨大化している背景があります。

 

特に上級者用とうたわれているモデルはドライバーとその他のクラブの重心距離の差が大きいためによりドライバーが別物になってしまいます。

 

ここで、同じスイングで対処できるようにドライバーだけ重心位置を変えて全ての番手で同じ傾向のショットになるように工夫されていますが、このためにドライバーだけ他の番手と比べて癖が違った格好になります。

 

これに対応できない人がドライバーだけ打てない人になります。

 

対策としてはドライバーだけ別物として対応するかチューニングかクラブを変えてセットとして成立させるかです。

 

ご自分で判断できない場合は専門家に相談する事をお薦めします。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集ています。

⇒体験レッスンはこちら