上級者はフィニッシュが崩れてもナイスショット出来る方が良い!?

初中級者の方はフィニッシュをしっかりととってバランス良く立っていることがスイングが出来上がっていく過程としては重要なことです。

 

スイングがある程度出来上がった中上級者、プロはスイング中のミスを察知したら体制を崩してでもインパクトだけはしっかり作るアジャスト能力が求められます。

 

 

世界屈指のショットメーカーといわれる松山選手でもミスは起こりますが上の画像のようなフィニッシュになってしまう時は少しでもインパクトでフェースがスクエアな状態になるようにこうしてフィニッシュが崩れることがあります。

 

松山選手はこんなときのアジャスト能力もとても高い選手です。

 

練習ではバランスの良いフィニッシュを取るように心掛けることも重要ですが、実際のラウンドでは態勢が崩れてもインパクトだけは作れるようにすることもスコアを出すうえでは重要です。

 

そういった内容になるとゴルフがスポーツや勝負事としてのプレーになるといえるかもしれません。

 

くれぐれもスイングが出来上がってきたらという話ですので、出来上がらないうちはバランスの良いフィニッシュがとれるようなスイング作りを優先した方が技術的な上達につながると思います。

 

逆にスイングがある程度出来上がった人は、コースでバランスの良いフィニッシュでミスショットしてしまうことは本末転倒で、バランスを崩してでもインパクトを合わせることの方が大事だと思います。

 

プロの中でもラウンドはスイングを壊しに行くところだといっている人もいました。

 

壊れたら練習して再構築する繰り返しで上手くなっていくと考えてもいいかもしれません。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています

体験レッスンはこちら