ウェッジのフルショット

アマチュアゴルファーの方の中ではウェッジはフルショットをすると左に行ってしまうのでやりません。という方が多くいらっしゃいます。また、トップした時も球が飛び過ぎてオーバーしてしまいますのでリスクも高いショットと言えます。

 

フルショットが上手くいかない場合はラウンドでは避けた方が賢明ですが、もしフルショットが出来たら攻略できる状況もあります。

 

サンドウェッジのフルショットでキャリーで70ヤードを打った時の打球と、 AWで70ヤード打った時の打球の違いはSWはAWと比べると打ち出しが高くスピンも多くかかりますのでSWの方が球がよく止まり、AWの方が転がります。

 

という事はピンがグリーンの手前に切ってある時やバンカー越えなどの70ヤードではSW、ピンが奥に切ってある70ヤードならAWが適しています。

 

ショットが安定していればウェッジでのフルショットのリスクは小さくなるのでリターンが大きくなります。

 

ショットが上達して90切りが目標になる人はウェッジのフルショットを実戦投入してみましょう。