スロープレーの防止

ゴルフコースで初心者と思われる方が、クラブを1本だけ握りしめて、コースの中を走っている光景をしばしば見かけます。

周りの先輩ゴルファーの方に、7番アイアンだけでラウンドをしなさいと言われたのかは分かりませんが、7番アイアンしか持っていないが為に、トラブルショットに対応できずにスロープレーに繋がる事があるかもしれません。

実際に私が見た現場では、崖下から正規のホールに戻すショットの場面でしたが、球の高さが足りずに何度も挑戦に失敗していましたが、ウェッジを持っていれば、すんなりと元のホールに戻れたかもしれません。

ゴルフコースでは、トラブルショットなどに備えて、4番、7番、AWなど球の高さが変わるクラブを3本以上持ってラウンドを行うようにすると、プレー時間の短縮に繋がると思います。