ディボット

ナイスショットのドライバーがフェアウエイを捉え、意気揚々とセカンド地点に着いてみるとボールはディボット跡に入っていた。

ゴルフをやっていて、とても辛い瞬間かもしれません。

しかしこのディボット跡は、コースをラウンドするにあたって、とても役に
たつケースがあります。

まずは、自分のスイングによって出来たディボット跡は、自分のスイング軌道を教えてくれます。

狙ったターゲットラインに対して、右に向いていれば、インサイドアウト軌道。
反対に左を向いていれば、アウトサイドイン軌道という大まかな軌道を教えてくれます。

次にターゲットラインを設定する時に、ボールの近くにディボット跡があれば、目印にも出来ます。

上級者の方とアベレージゴルファーの方の違いはディボット跡にも現れます。

上級者の方は、ディボット跡がターゲットラインに対して、極端に右や左に向いている方は少なく、深さも均一に取れている方が多く、アベレージゴルファーの方は、極端に左右を向いていたり、深さが均一でなかったり、極端に長さが短いなどのケースが見受けられます。

ディボット跡を見て、きっとこのディボット跡を作った方は、上級者なのだろう・・?と想像を膨らませるようになれば、一人前のゴルファーの仲間入りかもしれませんね。