風向き

| |・) |ε・) |( ・ε・)ノ 今日は風向きについてです♪

 

ゴルフをプレーしていて風向きを頭に入れて打つことは必要不可欠で、避けることはできません。そこで風向きを知った上でターゲットの狙い方を工夫していかなければなりません。

 

そこで、大まかな風向きを知る方法をいくつか紹介したいと思います。

 

ひとくちに風向きといっても、ゴルフ場上空の風、自分が立っている位置の風、飛球線上の風がそれぞれ違うこともありますがこのような場合、ボールが曲がり始めるだろう付近の風と打球に勢いのなくなった落ち際の風を気を付けてください。

 

まずゴルフ場全体の風はスタート前にクラブハウスにたっている旗などを参考にしてスコアカードにコースの全体図などがあれば矢印でメモしておくといいでしょう。それができない場合は自分がプレーしているホールと次のホールとの位置関係を常に頭に入れることで、全体の風向きを知ることができますし、何ホールかを見渡せる地点では風向きを観察しどのホールがどちらから風が吹いているかなどをスコアカードに矢印などでメモしておくといいと思います。

 

また、飛球線上と落ち際の風は全体の風向きと別に木がしなっている向きや葉っぱのなびき方から推測できますのでいつも注意しておくといいでしょう。最初はよくわからないかもしれませんが何度も繰り返し観察することでわかるようになっていくと思います。

 

ちなみにユウカリの木があるととてもわかりやすいのですが、これは広葉樹で葉の表が緑色で裏は白っぽくなっているのでフォローの風だと葉がめくれて白っぽく見えたり向かい風だと黒っぽくなって見えるので風向きを知るためにはわかりやすいので見つけてみてください。

 

また、上空と自分のいる位置の風向きが変わってしまいやすい状況があります。例えばターゲットに顔を向けてみて時に背中側のすぐ近くに林や高いマウンドがあるティグラウンドでフォローの風が吹いていると自分の立っている地点はアゲインストになったり、右手すぐ近くに林があるときに右からの風が吹いていたりすると自分の立っている位置は左から風が吹いてきます。自分の立っている位置の風はボールを打ったときにはボールの初速が速いのであまり影響を受けにくいので注意しすぎるのはよくありません。自分のボールの位置付近の風は、芝などをちぎって放り投げることで知ることは出来ますが、参考程度に考えたほうがいいことが多いと思います。

 

風はスピン量の多い打球になる人や弾道が高い人ははかなり大きく影響を受けますので、そのような人は特に注意してくださいね。

 

ゴルフ ( ・・)_/ゞ ~゜ (「゚ー゚) オッ! 予想通り!!