苦手なホールのティショット

個々のティインググラウンドでは人それぞれ向きやすい方向があります。向きやすい方向と狙い目が一致すると得意なホール、一致しなければ苦手なホールになります。初めて回るコースでは、要チェック項目となります。

 

ティインググラウンドとターゲットの高低差、ティマークの配置や向き、周囲の芝生の刈り込みの向き、全体の景色など、視覚的な錯覚を引き起こしやすい要因があふれています。ティショットは水平に近い傾斜からティアップして打てるのであまりライに神経を使うこともありません。だからこそドライビングレンジの様に機械的にスイングしてしまいがちです。こうなるほど、周りの錯覚要因に左右されやすくなるのだと思います。

 

そこで、ティショットに限ったことではないのですが、仮想のターゲットラインを必ず頭の中で引いてください。そのラインとボールに対して毎回セットアップすることが不可欠です。

 

また、ターゲットラインを水平に設定するか上向き、下向きにするか、状況によって変えるか一定させるか、ここへの注意が足りない人がとても多いので特に神経を使ってください。

 

向きやすい方向と狙い目が一致しない場合どうすればいいでしょう?二択になります。向きにくくても狙い目に対してターゲットラインを設定し、持ち球で攻める。もう一つは、向きやすい方向に向いてしまい、フェースだけ狙い目に向けて球を曲げて攻める。これらを、ティアップの位置を工夫しつつ使い分けてみてください。

 

練習としては練習場でいろいろな位置にターゲットを設定し、それぞれにターゲットラインを設定し、それに対して構えるということを後ろから撮影するか仲間に見てもらうなどしてチェックします。これは練習場でただで出来るとてもいい練習です。慣れてきたらボールを打ちながらやってみましょう。

 

もう一つは打席に対して真っ直ぐ立ち、フェースの向きだけをいろいろなターゲットに向けて球を曲げてターゲットに飛ばす練習です。試してみると分かりますが、方向によってはうまく打てるはず。そのショットは採用です。コースで必要になったときには選択肢に入れてみましょう。上手く打てなければ、不採用、コースでも選択肢から外します。どれも上手くいかない場合は、ターゲットに対していつも同じように立てるようになればいいだけです。

 

苦手なホールを攻略するにはまず、錯覚要因を取り払って、自分の設定するラインに対して構えられるようになるスキルを身に付けてください。