お先に失礼

今日は、お先に失礼のパットについて考えてみたいと思います。タップインの距離であれば

問題ないと思いますが、中には1メートル以上もあるパットを「お先に..」と言って打ってしまう

プレーヤーがいますが、私はとても賛成できません。理由は外された時に、同伴のプレーヤー

がリアクションに困ります。場の空気を一変させてしまうほどの破壊力があります。

2つ目に、お先のパットに集中力の欠如の可能性があるという事です。私が常々感じる事は、

ゴルフが上手な人ほど、グリーン上やグリーン周りで有効に時間を使い、イメージが鮮明に

なる迄は決してボールを打たないという事です。テレビでゴルフ中継を見ていると、プロが一番

集中力を高めている場面は、ショートパットではないかと私は思います。わずか70センチや、

1メートルのパットで、ボールとカップを何往復もしたり、時間をかけてラインを読んでいたりする

からです。グリーン上はボールの位置が少し変わるだけでも、ラインが微妙に変わってしまい

ますし、上からもフックラインで、下からもフックラインという場所にカップが切られている事など

不思議なことではありません。ショートパットこそ、確実に入れる為の情報収集が大切です。

そして必ず打ち出すラインや強さを鮮明にしてストロークを行なってください。