アイアンの飛距離不足

アイアンが飛ばなくて困っているという人のスイングを拝見すると、大多数の人はハンドレイトのインパクトになっています。

 

プロや上級者の場合、オリジナルロフト角(メーカー発表のロフト角)よりもダイナミックロフト角(実際のインパクトロフト)の方がロフトが立って当たっています。

 

簡単にいうと上級者はハンドファーストに当たっているという事なのですが、ハンドファーストの度合いが大きい上級者などでは、10度近くロフトを立てて打っている人もいる位です。

 

ハンドファーストに当たらない人は何が原因かを考えて見ましょう。一番考えられる要因は手首の解きが多いと思います。他にも、右に残ってしまう人も正しくターフを取る事は難しいと思います。

 

自分で原因が判らない場合は、ビデオ撮影などを行なってハンドファーストに当たらない原因を探ってみると良いでしょう。