今年もゴルフの衣替えの季節になりました

 
関東平野部では最低気温が15℃を下回ってきましたので、ゴルフ場の芝生、主にコーライ芝、野芝は休眠期に入ります。

 

休眠期とは簡単にいうと芝生が黄色くなって成長が止まることです。
 
休眠期に入った芝生のフェアウェイではボールが沈みやすくなります。

 
そうなった時は厳密にいうと足の裏とボールの高低差が小さくなるので、クラブのライ角はアップライトになった方が打ちやすくなります。
 
またボールは沈むので低重心なクラブの方が打ちやすくなります。
 

他に気温が下がると厚着をするためヘッドスピードが下がり相対的にシャフトが硬くなりますから、冬場だけ鉛を1枚貼ったり、シャフトも気持ち軟らかいものを使用するとプレーがしやすいでしょう。

 

他に気温が下がると空気密度が高くなるので空気抵抗が大きく距離が落ちますから、スピンが入りにくいクラブで転がりやすくなるフェアウェイを利用してボールを転がしていくプレースタイルが適します。

 

スイングはドローヒッターはアッパー気味の軌道になりやすいのでボールをヒットしにくくなりがちですから、気温が低いときはフックの曲がり幅を抑えるように軌道もストレートに近くするなどして工夫するといいでしょう。

 

ショートアプローチも同様で、インサイドアウト軌道、アッパー軌道の人は要注意で、クラブもバウンス角が小さいものか、バウンスが少なくなるピッチングや9番などで転がす機会を増やすといいと思います。

 
芝生が休眠期に入る今ごろが、プレースタイルやクラブの衣替えのような時期といえます。

これを機会にご自分のゴルフをもう一度見つめなおしてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。

 

you tubeにレッスン動画をアップしています。
⇒レッスン動画はこちら