脇を締めろってどういうこと?

 
ゴルフスイングについてのアドバイスの中でよく聞く中の1つに「脇を締めろ」というものがあります。
 
他の道具を扱う球技やランニングフォームに対するアドバイスでもよく「脇を締めろ」といわれます。

よくいわれるのですが、脇を締めろとはどういうことでしょうか?

 
ゴルフスイングにおいては肩甲骨と上腕骨を固定しろという意味と捉えるといいと思います。

最悪なのは肋骨と上腕骨を固定してしまうことで、このことで肩甲骨が動けなくなるのでこれは大間違いです。

肩甲骨と腕を固定して、肩甲骨を腕の一部のように出来たら理想的です。

 

ちなみに脇を締めるために参加する筋肉は主に広背筋、胸筋群、三角筋で、かたまりができていれば強く締める必要はありません。

 

鎖骨、肩甲骨、腕をひとかたまりにしてさらに左右の2対とクラブもかたまりにしスイングするとスイングの仕組みが単純化し再現性が高く、大きい筋肉が働くために飛距離も望めます。

 
こうして、肋骨からこの塊が独立してスムーズに動けると質の高い良いスイングに出来ると思います。
 
こういったスイングを出来るようにするための1つの方法が脇を締めることです。
 
本質的な理屈はこんなところで、感覚的にどうするかは十人十色ですので差し控えます。

 

簡単にいうと、アドレスで出来た両肩を結んだ線と両腕で出来た「三角形をキープ」してスイングするための1つが脇を締めろということで、そうすることで三角形をスムーズに動かせるようになることへつながるということです。

 
多くのプレーヤーが勘違いをしている部分でもありますので両脇を締めることについて見直してみてはいかがでしょうか?

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
体験レッスンご予約はこちら
お電話でのお問い合わせは03-6315-1551
レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。

 

you tubeにレッスン動画をアップしています。

⇒レッスン動画はこちら