練習場のマット

練習場のマットで打つときに、ボールの置き場所を変えて、練習する方法があります。

 

簡単にいうとマットの端に置いてボールを打つという事です。これは視覚的な効果を狙っての練習方法になります。

 

右打ちの方の場合、トップボールの修正にはマットの左端にボールを置きます。ダフりの修正にはマットの右端にボールを置きます。アウトサイドインの修正にはマットの上部の端に置きます。インサイドアウトの修正にはマットの下部の端に置きます。

 

自分の出やすいミスを修正する事で、スイング軌道をニュートラルな状態に近付けておくと、コースで色々なライに対応しやすくなると思います。